プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方 > 陳述書3 > 陳述書3のまとめ

陳述書3のまとめ

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 決まったパターンなので原文を参考にしてください。

<陳述書原文>

 最後に、私は交通事故も裁判もこれまで経験したことがありません。私のような一般の人間にとって交通裁判は、不慣れなことに加えて、個人の社会生活を営みながら継続していくのは大変なことです。保険会社のような大企業であれば、交通事故のプロであり、裁判の経験がある方が仕事として担当することができるでしょう。

 しかし、私のような人間は、会社の建て直しに奔走しながら、0歳、2歳、8歳の子どもにも時間を割く必要があります。そうした状況の中、慣れない裁判の資料を自ら収集・作成するのは大変なことです。それだけに、できる限り早期に決着していただけるようご尽力いただければ幸いです。