プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方 > 陳述書2 > 自分自身の保険知識

自分自身の保険知識

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 ここは、自分が交通事故処理の素人であり、これまでの経緯については、損害保険会社の担当者やクリニックの先生の指示に素直に従ってきた、ということを述べます。つまり、治療については「自己都合ではなく、あくまでも専門家の指示に従った」ということをアピールします。

 裁判官の感情に訴える部分です。

<陳述書原文>

 私自身が保険のついて無知であったこと

 今回の件で私が反省している点は、自分自身が保険の知識について無知であったということです。私はこれまで交通事故を経験したことがなく、今回のような保険会社とのやり取りは初めてでした。

 そのため、「何が認められるのか」ということも逆に「何が認められないのか」も知りませんでした。ですから、事故後どうしてよいか分からないまま、医師や保険会社の担当者の指示を仰ぐという状況でした。丁度その頃日動火災が東京海上に合併された時期に重なったためか、担当者からの連絡も途絶えておりました。

 そのような状況の中、よく分からないまま休業中も給与をそのままにしておりました。というより、そこまで考える余裕がなかったというのが本音です。結果的に「給与を出し続けていた」ということが、補償として認められない原因の1つになろうとは思いませんでしたし、そんなことすら考えてもいませんでした。

 保険について勉強不足であったことは私の落ち度かもしれません。しかし、私たち素人は事故の最中そこまで考える余裕はなく、そのことが結果的に休業損害を認められないというのでは理不尽だと思うのです。