プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方 > 陳述書1 > 前文

前文

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 前文は、ある程度決まった形なので、特にコメントすることはありません

<陳述書原文>

 私は、平成15年7月15日に交通事故被害に遭い、相手方や保険会社の誠意の見られない対応から、遂に訴訟を起こすまでに至りました。その間、交通事故の影響から、私が経営する会社の業績は軒並み減少し、多大な被害を受けました。訴訟においても、相手方は、私の労働対価が月額30万円である旨の不誠実な主張をおこなっていますので、この点につき以下のとおり反論を行いたいと思います。