プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方 > 行政書士

行政書士

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 弁護士を頼む代わりに、行政書士を頼むという方法もある。

 行政書士は費用的な面で弁護士よりは安価であるので、ある意味お勧めできる。「ある意味」という微妙な書き方をしたのは、行政書士の場合、弁護士と比べてやれることが限られているからだ。

 まず、行政書士では、裁判の代理人になれない。だから、裁判となれば弁護士に依頼するしかないのだが、「後遺症障害認定の手続き」の書類作成、「示談書」の作成など初歩的なことなら行政書士がよいといえる。

 もし、損害保険会社との示談交渉である程度納得できる提示を受けたのであれば、裁判までやる必要もなく、行政書士に相談するのが安上がりともいえる。