プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方 > 裁判の争点

裁判の争点

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 交通事故裁判で争点になるのは、慰謝料と逸失利益である。これらが争点になるのは、目に見えないからであり、その時点では存在しないものだからである。それでも、慰謝料についてはそれどれの状況によって感情的なものはあろうが、元々ある程度の基準が決まっているので、落ち着きどころが分かりやすい。

 だから、結局争点になるのは逸失利益といえる。

 最終的には、交通事故による経済的な損失の因果関係が争点になるわけである。

 具体的には

 「交通事故のケガによる身体能力の低下の程度」
 「身体能力の低下による労働能力の低下の程度」
 「労働能力の低下が及ぶす仕事へ影響の程度」
 「仕事への影響が及ぼす経済的な損失の程度」

をそれぞれ証明しなくてはならないのである。前提となる収入に「程度」の部分を割合として、それに年数といった時間的なことも含めて、金額を算出するのだ。

 さらに私の場合は、会社経営者であるため、配当などの権利収入と労働収入の割合が争点になった。

プロ家庭教師の交通事故裁判陳述書の書き方

 私の裁判では
1、 経済的損失の元になる私の労働収入の算定、
2、 私の労働による会社の収入の算定
3、 交通事故のケガによって低下した身体能力が毎月どういう割合で回復し、何ヶ月経って症状固定をしたか、
4、 私の仕事は「3」のケガによってどれくらいの影響を及ぼされるものであるか
5、 会社の収入の低下と私の労働能力の低下との因果関係
が争点になっている。

 詳細は、陳述書をみてほしい。

[リンク] くりっく365